外壁塗装は必要なのか?

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

外壁塗装の目的

どんな目的で皆さんは工事をするのでしょうか。
新築で家を建てた時は綺麗だった外壁も、10年も経過すると外壁が痛み出し、「色が剥げてきたなぁ」「外壁の目地が割れてきたなぁ」と段々と気になってきます。
そう思っている矢先、何故かタイミング良く、『外壁塗装しませんか?』と営業マンがやってくる。
『綺麗になりますよ!』と言われたけど、100万も150万もかけて、外壁塗装する意味が本当にあるの???と疑問に思われている方も多いんじゃないでしょうか。
本当は、もっと安く出来るんじゃないの?外壁塗装したって見た目が変わるだけで、何も変わらないんじゃないの?と・・・。
現に塗装しなくとも住めているわけだし、雨漏りしているわけでもないしこのままでいいんじゃないか・・・。
そんな風に皆さんはお思いだと思います。
外壁塗装とは、もちろん美観を綺麗にする目的もありますが、本来は塗装によって建物を外界から守り、寿命を延ばすことが目的なのをご存知でしょうか?
例えば、建物内に水が浸入すると断熱材が湿気を含むため、カビが発生します。また湿気を含んだ材木は白蟻を呼びます。
雨漏りによって内装までダメになってしまった。こうした2次的被害を誘発するのでそれを阻止してあげるのが外壁塗装なのです。
我が家はまだまだ大丈夫!と思われた方!外壁塗装に早すぎるということはありません!
新築時の塗装は、フッ素や断熱塗料のような高耐久塗料は使用されていないのが現状です。
新築の場合には、他に費用がかかってくるので、塗料にまで中々費用が回らないのが実情です。
だからと言って、外壁が劣化してから塗装するのでは、既に手遅れです。
高耐久塗料など本来の性能が発揮できるのは外壁がしっかりしている状態でこそですが、痛んだ外壁だと塗料の密着性も下がってしまいますし仕上がりも良くありません。
急かせるつもりではありませんが、これが外壁塗装が必要たる所以なのです。
項目を追加